『自然素材を多用した家づくり』
最近の建築事情を見ると新しい建築資材が次々と発表され、一定の品質とメンテナンスの容易性などが確保出来るようになりました。しかし、これらの新建材は工場で一貫生産され施工の合理性は高いものの、自然に溶け込めない無機質な仕上がりになる場合も少なくありません。これらの新建材を一概に否定するものではありませんが、有害な物質を含まずリサイクル性にも優れ自然に溶け込めるような新建材であれば、むしろ積極的にその利用を考える必要も感じます。ハウスアンドリゾートでは出来るだけ自然素材を用いて人にやさしい家をつくりたいと考えています。
『体に優しい自然塗料を標準仕様に採用』
無垢材の床や珪藻土の塗り壁などを積極的に取り入れ、体に優しい自然塗料を標準仕様に採用しています。これらの自然素材は仕事の良し悪しがはっきりと表れてしまうため扱いにくい部分もありますが、既製品にはないその風合いは、年月の経過と共に愛着を感じさせてくれます。
自然素材の持つ素材感とメンテナンスの容易な新建材などをうまく織り交ぜながら、建物全体の雰囲気を崩さないように、バランスを考えた設計をしています。
先人達が創造を重ねつくりあげてきた施工方法には、たくさんの驚きや感動があります。もともと家づくりは自然素材でしか造りえないものでした。自然素材であれ、新素材であれ、ひとつひとつの素材をよく吟味しながら長いスパンでの使用を考え、家づくりを進めていきます。
 NEXT→   / 設計・デザイン  / 構造  / 断熱・気密 /
↑ 「ハウスアンドリゾートの家づくり」一覧に戻る  
このページのトップへ