『寒冷地・軽井沢で一年を通して快適に過ごすために』
一年を通して快適に過ごすためには、夏は涼しく、冬暖かい家でなければなりません。外気の温度に直接左右されない家をつくるためには、断熱性能を高める必要があります。特に寒冷地と言われる軽井沢においては、その性能を十分に引き出すための経験と技術が必要になってきます。断熱施工を一歩間違うと「結露」や「カビ」の原因となったり、
いくら暖房しても暖まらない暖房効率の悪い家となってしまいます。
『 “暮らし心地良さ” を実現するための高断熱高気密』
まずは性能の高い断熱材を隙間なく施工すること、そして断熱材を入れた壁の中に空気や水蒸気が移動しないための気密施工を行うこと、更に高気密となった室内の空気を計画的に換気すること。この三点に集約されますが、ハウスアンドリゾートでは多くの現場体験や経験値で、これらをバランス良く、施工性の良い方法で、コストを抑えながらさまざまな工夫を続けることにより、より進んだ『暮らし心地良さ』を実感できる高断熱高気密を実現します。
『高断熱高気密を実現させるための標準仕様』
ハウスアンドリゾートの標準仕様は、断熱材には発泡ウレタンを採用し隙間のない断熱層を形成した上で室内に気密工事を施工する方法です。この時に重要なのが開口部である窓の部分です。せっかく高断熱高気密にしてもこの開口部からの熱の移動量はかなりの大きさになります。木製フレームサッシを使用し、ガラスには遮熱タイプの「Low‐Eペアガラス」を採用しています。
計画換気については天井内配管のダクト式24時間換気設備はお勧めしていません。天井内配管ダクト式の換気設備は、ダクト内のクリーニングが非常に難しく、またダクトを入れ替えることも非常に困難になります。別荘のお客様の中には薪ストーブをご所有される方も多く、実際に冬季の暖房設備として使われています。どうしても薪の燃焼は煤を発生させ長い年月の間にはかなりの量がダクト内にたまります。局所用換気扇により計画換気を行えばメンテナンスも容易です。断熱材や気密部材による施工を考えることは重要ですが、まずは陽当たりや風の通り道を考え、なるべく機械などに頼らないですむような設計が望ましいと考えます。設備機械を設置する場合にはそれらのメンテナンスについても十分な検討を行います。
 NEXT→   / 材料・設備  / 設計・デザイン  / 構造 /
↑ 「ハウスアンドリゾートの家づくり」一覧に戻る  
このページのトップへ